原料屋について
原料屋 Genryoya
 私たちの会社を紹介します。
原料屋 Genryoya
創業の想い
健康食品によって健康な生活を取り戻した過去が
あるから無限の可能性を信じることができる
(創業者 野間康史)
原料屋 Genryoya

原料屋は、私が幼少期に健康食品の可能性を信じたことがはじまりです。
私にとって、健康食品は『健康への夢』そのものです。
子どもの頃、重い病気を患い入院生活を送っていた時期がありました。
入院中に、毎日毎日、野菜を食べさせられたことがきっかけで野菜嫌いになってしまいます。
病気は奇跡的に回復したものの、野菜嫌いになった私のためにと両親は、野菜の代わりに健康食品を与え健康を支えてきました。
両親が与える健康食品を飲んだら健康になれると、子どもながらに信じました。

私は毎日の体調と照らし合わせ、健康食品を組みわせた食事をとる生活を、幼少期から続けてきました。これは現在も変わりません。
幼少の頃から健康食品は、常に身近にあり続け、その存在をカラダで感じたことで、健康食品への信頼は揺るぎないものになりました。
いつしかその信頼は、情熱に変わり、
限りなく食事のように食べることが出来て、自然でカラダに優しい原料をできるだけ手を加えずそのまま食べることができたら・・・
この想いが創業への原動力になりました。

原料屋 Genryoya
原料屋として
原料屋として私たちが食べたいものを販売する

原料を扱う会社として、出来る限り不必要なものは入れない。
原料の素材、栄養、めぐみを大切にしたい、安心・安全なものを摂り入れてカラダを健康にしたいそれがカラダへの喜びと健康に繋がることだと思っています。

○私たち自身が飲みたい、食べたいと思う本物の
健康食品を追い求めます。

○安心・安全なオーガニック商品にこだわります。

○出来る限り混ざりもの(添加物・不純物)が入っていない健康食品を追求します。

○継続できる価格を実現してゆきます。

○お客様にとって身近な存在であり続けます。

自信を持ってお勧めするために
1、本物の商品づくりへのこだわり

できるだけ不必要なものを入れない純粋な原料にこだわり、素材を選んでいます。
毎日食事のように食べれるか、自分たちだったら愛用したくなるか、その素材から喜びやワクワク感が伝わるか、という視点をもって選定しています。
原料屋では、ほとんど手作業で商品を作っています。
清潔な環境の中、試行錯誤したマニュアルに基づいて作業をしています。

原料屋 Genryoya
2、スタッフが一番の愛用者

原料屋では、スタッフ自身が一番の自社製品愛用者です。お客様と同じ立場で商品を日常的に愛用しているからこそ、手軽に楽しく健康食品を摂り入れる方法をお伝えすることが出来ます。スタッフ自身が、これはずっと続けてゆきたい!と思った商品は、きっとお客様にも喜んでいただけると思っています。

原料屋 Genryoya
これだけはゆずれないもの
1、オーガニックへのこだわり

商品の原料は、オーガニック原料に徹底的にこだわります。
純度の高い原料を探す舞台は日本に留まりません。世界中の生産者さんとネットワークを築き、生産地、生産方法のみならず生産者の誠実さまでこだわります。優良な原料のみを使用するには原料屋と同じ想いを共有できる生産者さんが何より大切だからです。有機JASマークの認定資格を10年更新を続けているのも自分たちの手で作ったオーガニック商品をお届けしたい気持ちの表れです。

原料屋 Genryoya
2、粉末原料へのこだわり

健康食品は、純粋な原料で製造された健康食品でなければ、健康な生活は実現できないと考えています。そのため、いくら有効成分が濃縮されていたとしても、製造の過程で化学原料や添加物が必要以上に混入することは本末転倒です。
遺伝子組み換え食品が世界的に広がり、表示を見ただけでは分かりにくい現在、トレーサビリティのしっかりした原料を厳選してお届けいたします。

原料屋 Genryoya
原料屋 Genryoya
生産者さんのちょっといい話

私は子どもの頃から大麦若葉を育ててました。今は、妻と一緒に育てています。
大麦若葉は、刈り取ってしばらくすると色の変色やしおれたり繊細なので、キラキラと朝露が輝く時間帯で、葉っぱが1番元気のいい状態の時に刈り取り、新鮮さを確保するためにすぐに加工工場に運びます。

除草剤も使用していないので、草も一緒に生えてきますので刈る前には雑草を丁寧に抜いていきます。苦労というよりも毎日の日課です。
ここで生まれてここで育ち、おかげ様で今も元気に暮らしています。大麦は踏むほどいいので、毎日畑を見廻っています。

この歳まで妻とふたりでやってきました。これからもがんばりますよ!

原料屋 Genryoya
原料屋 Genryoya
オーガニックをもっと身近に

日本のオーガニック野菜は全体の1%もありません。本来オーガニックはただ単に無農薬、化学肥料を使わないということだけではありません。オーガニックの普及は地球と人類が直面する環境問題や水質保全、生物多様性の問題、小規模家族経営農家や女性の自立など様々な問題解決につながってゆきます。
「オーガニックをもっと身近に」持続可能なものとしてゆくために、私たちはオーガニック食品をできる限り身近に提供してゆきます。

安易に農薬を使わず、ひたむきにオーガニック野菜を作り続けている農家を応援するためにも、できる限りオーガニック、ピュア原料を使った食品が普及し、食生活に身近に手に入れられるように努力してゆくことが私たちの使命です。

私たちはピュア原料にこだわった食品で、食事のように食べることができる健康食品を提供することにより、生活習慣を変え、本当の健康なカラダを作り出すライフスタイルをお客様といっしょに創ってゆきたいと考えています。

原料屋 Genryoya
原料屋 Genryoya
会社概要
販売者名 株式会社 原料屋ドットコム
運営統括責任者 代表取締役 野間 康史
資本金 1,000万円
所在地 〒569-1046 大阪府高槻市塚原5-20-10
e-mail info@genryoya.com
電話番号 0120-497-332(通話料無料)
072-697-2266
FAX番号 0120-497-326(通話料無料)
072-697-2269
営業日 営業日/月~金10:00~17:00(ただし発送は月~土)
祝日、夏季休暇、年末年始は休み
ホームページ http://www.genryoya.com