毎日の食事にひとさじプラス

原料屋品質をお約束

全商品オリジナルということ

  • 他では売っていない商品
  • 原料屋の原料は、できるだけ安心できる物、トレーサビリティーがはっきりしている物、末端商品は高価で販売されている物、などを基準に取り扱い原料選びを行います。基本的に安全性の確認、規格書が提出されない原料は取扱いたしません。同じ健康食品でも必ずランクは存在します。原料の段階で大きく分けると、低価格品、汎用品、高価格品の3種類に分かれますが、原料屋では、出来る限り高価格品原料を使用しています。

ライン

  • 流通経路が安心できる商品
  • 低価格品、汎用品などに多いのですが、別名在庫品と呼ばれるもので、一般的に多く流通しているもので、供給を優先するために、生産者を問わずいろいろなところ(国)から仕入れているものが混在しています。こういう物は原料屋では使用していません。なぜなら『産地が変わることによって、まったく別の商品になる。』と原料屋は考えているからです。 有機JASの場合は、畑から最終製品まで、すべて記録の保持が義務付けられています。無農薬という観点だけでなくトレーサビリティーの面からも、原料屋では極力有機JAS原料を使用するようにしています。

ライン

  • 確認すべきことはメーカーに確認
  • 原料屋の強みはメーカーとのパイプです。日本全国のあらゆる原料製造メーカーから加工工場、そして輸入業者、さらには世界中の生産者とのつながりです。原料屋ではこのコネクションを今まで大切にしてきました。だからこそ直接畑に出かけていったり、商品の改良を直接依頼したりできるのです。その際も、立場は常にお客様の代表として接しています。時にはメーカーとお客様の間に大きな意見の違いがあり、たくさんのお客様から寄せられる改善要望を受けれていいただけないこともあります。そういう時は、また新たなメーカーを開拓することもあります。原料屋はメーカーを選ぶことができます。お客様の声を聞いていただき、些細な事でも丁寧に対応していただけるメーカーかどうかを総合的に判断して選択しています。

ライン

  • 自社で在庫管理し、即発送します
  • お客様にとって商品がいつ届くのか最も気になるところです。注文したあとで、納期をまたあらためてお知らせしますというメールを受け取り、しまった!と思われることもよくあることです。原料屋では全商品オリジナル、全商品適正在庫体制を整えています。温度、湿度管理された倉庫でお客様の大切な商品がいつでも発送できるように万全の体制を整えています。

ライン