毎日の食事にひとさじプラス

原料屋が安いと思われる方

原料屋が安いと思われる方

  • 1、製造や加工のコストをできるかぎり抑えているからです。
  • 多くの健康食品は、カプセル、顆粒、錠剤などに加工されいています。加工の手が加わるほど、製造のロスが増えます。そして、加工の手が加わるほど加工賃が上乗せされます。原料屋ではできる限り最低限の加工で原料により近い状態で商品化しています。なので無駄な加工費用がかかっていません。

ライン

  • 2、通常は流通にコストがかかります。
  • ここがもっとも大きな価格の違いになります。通常の商品はメーカーから、代理店、卸業者、小売店と多くの中間業者を介して商品が流通します。中間業者は利益の大きい商品ほど力を入れるので小売店への卸には商品の良し悪しよりも利益の多い商品が優先されることもあります。原料屋ではインターネットを通しているからこそ本来の卸価格にてお客様に商品を販売することができるのです。 ちなみに、販売者の方からもよくお問い合わせをいただきますが、原料屋では販売価格が卸価格なので一般のお客様と同じ価格で販売業者の方にも販売しています。
  • 通常は流通にコストがかかります

ライン

  • 3、無駄な広告にコストをかけません。
  • 誰もが知っている商品、それはだれもが「広告」を通して知っている商品です。広告には莫大な費用がかかります。原料屋ではできるかぎり不必要な広告は行わないようにしています。ラベルや商品案内も自社で作成し、ビンを入れる外箱は使用しないなど、できる限り無駄なコストはかけないようにしています。
  • 無駄な広告にコストをかけません

ライン

  • 4、原料メーカーとの一括契約でコスト削減。
  • 何でもそうですが、たくさん仕入れると安くなります。原料屋では多くの仕入れメーカーと直接契約をし、年間の購入量を定めています。それにより一度にたくさん仕入れるのと同じ条件で安く仕入れられるようになる原料もあります。また、毎日たくさんの商品を発送しているのでまとまった量の仕入れが可能になり仕入れ価格を抑えることができます。
  • 原料メーカーとの一括契約でコスト削減

ライン